BLOGしのざ記

Today 2020/10/20

イベントライブラシネマ篠崎特別編 バリアフリー映画会 「春との旅」

【登録日: 2020年10月18日 】

本日は大人のための映画会
「ライブラシネマ篠崎」特別編といたしましてバリアフリー映画会を開催しました。

今回上映した映画は、2010年公開の日本映画「春との旅」です。

バリアフリー映画とは、目の不自由な方や耳の不自由な方向けに音声ガイドと日本語字幕が

入る映画です。目や耳に障害のある方もそうでない方も一緒になってみることが出来きます。

 

今回は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため定員数を減らし、席と席を離しての上映となりました。

今日も、大勢の方にお越しいただきました。

次回の上映会は2020年12月13日(日)です。

今度は通常の映画会になります。

上映作品は「初恋のきた道」を予定しています。

こちらの映画会も事前申込制となります。

詳しくは図書館のポスターや広報をご覧ください。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

展示ミニ特集展示「江戸川区立図書館全館展示 うがい、手洗い、読書で感染予防」

【登録日: 2020年10月05日 】

令和2年10月5日からのミニ特集展示は

「江戸川区立図書館全館展示 うがい、手洗い、読書で感染予防」です。

 

 

新型コロナウイルスで変わってしまった私たちの生活環境。

それは出版される本にも、世相を映す鏡のように色濃く反映されています。

 

今回は、そんなコロナ禍で出版された本も含めた

感染症に関する資料を集めて展示します。

 

 

この展示は江戸川区内の図書館で期間中同時に行っています。

お近くの図書館にもぜひ足を運んでみてください。

図書館ニュース図書館報「ぷらっつ☆篠崎」67号を配布中です!

【登録日: 2020年10月01日 】

10月1日より図書館報「ぷらっつ☆篠崎」63を配布中です!

 

 



表紙でご紹介するのは

「特別展示」と「スタッフセレクション!」です。

 

10月27日から11月9日「読書週間」です。

それにちなんだ今年の特別展示は、

書評サイトHONZレビュアー・栗下直也が選ぶ

「いま読むべきノンフィクション30冊」

ノンフィクションの書評サイト「HONZ」でレビューを執筆する栗下直也氏に

選んでいただいたお薦めのノンフィクション作品30冊を展示します。

11月8日から11月29日まで行います。

 

図書館スタッフおすすめのコーナー

「スタッフのセレクション!」で今回ご紹介すのは、

黒澤 はゆま「戦国、まずい飯!」です。

歴史小説家の著者が子供のときに、大河ドラマなどを見て

「あれ食べてみたい」と思った戦国の食を再現するという

内容です。

 

見開きの特集ページは
「私を変えた本」です。

読書週間にちなんで、篠崎図書館のスタッフ全員で、

小さいことから、大きいことまでそれぞれが変わるきっかけと

なった本を1冊ずつ選びました。

 

裏面の「そのメロディに魅せられて♪」では

矢野顕子「G線上のアリア」

をご紹介しています。

穏やかで落ち着いた旋律は、ざわついた心を和らげ、

安らかな気持ちにさせてくれそうです。この曲と共に、

秋の夜長をゆったりと過ごしてみませんか。

 

「江戸川まいにんぐ」では、

今回は『一之江名主屋敷』を紹介しています。

これは、1981年に江戸川区登録史跡となった

東京都における代表的な江戸時代中期の建物です。

現在は、敷地内や主屋が一般公開され、季節に

応じたさまざまな催しが行われているそうです。

 

 

ぷらっつ☆篠崎67号は館内での配布のほか、

WEB上でも公開しておりますので、こちらもどうぞ!



そして、ミニ特集コーナーの隣ではぷらっつ☆篠崎67号にて
ご紹介した本(篠崎所蔵の資料)を集めた展示コーナーを設けています。

 


大好評のぷらっつ本コーナー、今回もぜひご利用ください。