BLOGしのざ記

Today 2020/11/26

図書館ニュース図書館報「ぷらっつ☆篠崎」63号を配布中です!

【登録日: 2019年10月01日 】

10月1日より図書館報「ぷらっつ☆篠崎」63を配布中です!

 



表紙でご紹介するのは

「読書週間特別展示」と「江戸川まいにんぐ」です。

 

10月27日から11月9日「読書週間」です。

それにちなんだ今年の企画展示は、

「ぽよぽよ、つるつる、何の本? 〜オノマトペで選んでみる秋の読書〜」

擬音語・擬態語が書かれた袋でラッピングされた本は、開けるまで内容がわかりません。

どんな本が出てくるか、オノマトペから想像してみるもよし、

気に入った響きの本を選んでみるの良し、ぜひお楽しみください。

10月29日から11月29日まで行います。

 

「江戸川まいにんぐ」では、

今回は『江戸川の水害』を紹介しています。

5月に配布された、江戸川区のハザードマップが話題になりましたが、

江戸川区の水害の歴史を、皆さまはご存知でしょうか。

 

見開きの特集ページは
「憧れの暮らし」です。

 

読書週間にちなんで、篠崎図書館のスタッフ全員で、

「憧れの暮らし」が詰まった本を1冊ずつ選びました。

 

裏面の「そのメロディに魅せられて♪」では

矢野顕子「ひとつだけ」

をご紹介しています。

アルバム「はじめてのやのあきこ」に収録されている

矢野顕子さんと忌野清志郎さんのデュエットバージョンです。

 

図書館スタッフおすすめのコーナー

「スタッフのセレクション!」で今回ご紹介すのは、

奥田英朗「我が家のヒミツ」です。

「家日和」「我が家の問題」に続く、

奥田英朗氏による家シリーズ3作目の本書。

今どきの家庭が抱える問題を

ユーモラスに温かく描いています。

 

ぷらっつ☆篠崎63号は館内での配布のほか、

WEB上でも公開しておりますので、こちらもどうぞ!



そして、ミニ特集コーナーの隣ではぷらっつ☆篠崎62号にて
ご紹介した本(篠崎所蔵の資料)を集めた展示コーナーを設けています。

 


大好評のぷらっつ本コーナー、今回もぜひご利用ください。