施設情報 | 江戸川区 篠崎駅直結 複合施設 図書館 カフェ「しのざき文化プラザ」

指定管理者制度

指定管理者とは、地方公共団体に代わって公共施設の管理運営業務全般を行う者をいいます。これは、民間事業者の能力やノウハウを幅広く活用するとともに、市民サービスの向上や行政コストの削減を図ることを目的として、2003年6月の地方自治法の改正(9月施行)によりできた新しい制度によるものです。

「公の施設」の管理委託については、これまでは公共団体や公共的団体、地方公共団体が設立した出資団体等に管理運営を委託する方式に限られていましたが、指定管理者制度の創設により、企業、NPO、ボランティアグループなどの民間団体が公共施設の管理運営をできるようになったのです。

篠崎文化プラザは、江戸川区より指定を受けた「篠崎SAパブリックサービス」というスターツアメニティー株式会社、株式会社図書館流通センター、スターツファシリティーサービス株式会社の3社の共同事業体により運営しています。