BLOGしのざ記

Today 2020/07/13

地元情報行徳橋の架け替え工事

【登録日: 2017年11月16日 】
江戸川区とは直接関係が無い話なのですが...。

現在、篠崎から市川市へ徒歩で渡るには、
江戸川水閘門(江戸川水門)で旧江戸川を渡り妙典方面へ出るのが近道なのですが、
その先で本八幡方面へ出るには、さらに「行徳橋」で江戸川を渡る必要があります。


水門側から見た行徳橋

問題はこの「行徳橋」。
車道が狭いので歩道を自転車が通ることになるのですが、
その歩道の幅が1.2mと人がすれ違うのがやっとの幅。
自転車とすれ違うには道を譲ることになり、とても使いづらい道なのです。(橋は歩いて渡ると約5分の長さ。)


こんなに狭い

「行徳橋」を避けてその先の「新行徳橋」を渡るという事もできるのだが、
数百メートル先だし、階段を昇らないといけないし...。

これでは本八幡へは足が遠のくわけです。

しかし現在この橋が老朽化の為、架け替え工事が行われていて完成後は道幅が広くなるとのこと。


完成した橋脚

開通は数年後の予定だそうです。
これで行き来がしやすくなりますね。