BLOGしのざ記

Today 2024/06/15

図書館員のつぶやき図書館員のつぶやき&スタッフのオススメ その20 「月光」

【登録日: 2011年09月13日 】
昨夜は「中秋の名月」。

中秋の日(旧暦八月十五日)の夜に、澄んだ秋空に昇るこの丸い月を
「中秋の名月」と呼び、これを観賞する風習が生まれました。

また秋は収穫の時期であり、その年の収穫物を月に供える風習が各地
に残っています。「芋名月」とも呼ばれています。
月見団子を供えるのも、芋を供えた風習の変形(団子は芋の代わり)
とも言われています。

皆さんは、どんな思いで「十五夜お月様」をご覧になりましたか?
冴え冴えと輝く月を見上げながら、この同じ月の下、様々な場所で、
故郷のことを、親しい人たちことを考えていたのではないでしょうか。
今年の月を、私たちは決して忘れてはいけないと思います。


月といえば、神話や昔話、俳句や詩、科学に文学、童謡など、月に
まつわる本や写真集はたくさん出ています。
今回ご紹介する一冊は「月光」です。月の魅力をぜひご堪能下さい。

篠崎図書館では4類の書架に「月の本」をご用意しています。どうぞ
お立ち寄り下さい。


「月光」 林完次 文/写真 角川書店 446ハ