BLOGしのざ記

Today 2024/06/15

展示ミニ特集「子規と俳句」

【登録日: 2011年09月16日 】
9月後半のミニ特集は「子規と俳句」です。





現代俳句の礎を築き上げた正岡子規。

22才で結核、29才でカリエスを患い、
35才目前で亡くなるまでの数年は
ほとんど寝たきりの生活でした。

しかし、痛ければ痛いほど句を詠み、
おいしいものをたくさん食べ、
草花を写生して過ごしました。

まさに“死”を意識しながら
“生”を楽しんだ人物だったといえるでしょう。


9月19日はそんな彼の命日です。


これにちなみ、その作品を紹介するとともに
俳句全般にも親しんで頂けるよう、関連の本も展示します。


子規の随筆、句集のほか、様々な作家の句集、
俳句の入門書などを取り揃えましたので、
ご来館の際はぜひお立ち寄りくださいませ。