BLOGしのざ記

Today 2019/12/12

イベントライブラシネマ篠崎 ~大人のための映画会(第33回)~ 「嘆きの天使」

【登録日: 2013年12月15日 】
本日は大人のための映画会「ライブラシネマ篠崎」
を開催しました。

2013年、最後の上映作品は「嘆きの天使」です。


映画のあらすじは以下の通りです。

中年のクソ真面目な高校教師がキャバレーのダンサーの
色香に迷ってヒモになり、雄鶏の声を得意とするドサ回
りの道化役者となる。そして、女に古雑巾のように
捨てられ教室で死を迎える。

ほろ苦い人間像をつきつめた作品です。


師走の忙しい中、今回もたくさんの利用者の方に
ご来場して頂けました。




恒例のスタッフによる解説。本日は、上映前にドイツ映画の
話を。上映後は、真逆の役者人生を送ったマレーネ・
ディートリッヒとエミール・ヤニングスのその後など
話しました。



人生の絶頂から、奈落の底に転落した男を
エミール・ヤニングスが熱演しています。



後半の高校教師の落ちぶれた惨めな姿は、悲哀に
あふれていてとても悲しい気持ちになりました。


次回の上映会は2月22日の土曜日です。
上映作品はヒッチコック監督の「恐喝(ゆすり)」
を予定しています。

来年もライブラシネマ篠崎をよろしくお願いします!