BLOGしのざ記

Today 2019/11/19

今月の館長展示今週紹介する図書(今月の館長展示 テーマ:食)

【登録日: 2013年11月02日 】


11月のテーマは食にしました。広く食にかかわる本
を紹介していきます。今週紹介する本はこちらです。

リジー・コリンガム (著)、東郷 えりか (翻訳)
『インドカレー伝』

みなさんはカレーは好きですか。私は好きです。学生
の頃、大学の近くにエスニックカレー屋があり、イン
ド風とタイ風のカレーのメニューがあってよく食べて
いました。

週替わりメニューの4週目に「インド風激辛チキンカ
リー」というものがあって、4週目は楽しみでした。


本書はインド料理の中でもなじみ深く、定番となって
いる料理の歴史を記したものです。ヨーロッパ人が発
見し、イギリスに持っていき、世界にどのように広ま
ったのか知ることができます。

本書を読み進めていくと、私たちがカレーと呼んでい
るものは、ヨーロッパ人がインドの食文化を押しつけ
た概念とあります。

インド人がそれぞれの料理をローガンジョシュ、ドー
ピアーザー、コーラマーと呼んでいたものを、イギリ
ス人はひとくくりにしてカレーと呼びました。

ただ、1903年にイギリスで出版された『カレーとその
作り方』という本では、「インドには少なくとも3つ
の異なったカレーがある。ベンガル、マドラス、ボン
ベイである」とあり、地域ごとに違いがあるのは分か
っていたようです。

1840年代にはイギリスで多くのインド製品が売られる
ようになりました。カレーを健康食品として紹介した
人もいました。


カレーを通じて、高校の世界史で学んだことを思い出
したり、外国の食文化を知ることができる1冊です。