BLOGしのざ記

Today 2024/06/15

地元情報竹細工

【登録日: 2009年11月23日 】
 篠崎図書館もその一員となっている複合施設「篠崎文化プラザ」では区の伝統工芸の紹介も重要な使命になっています。

 日曜日の22日、プラザの真ん中で、江戸風鈴、江戸扇子などの伝統工芸実演販売イベントが開催され、マイスター=伝統工芸師の方々が腕前を披露されました。
 
 その中でとくに興味を引いたのが江戸川区でただ一軒だけ残っているマイスターによる竹細工です。



竹細工かつては生活のいろいろな分野ではなくてはならなかった竹製品は、プラスチック製品に席をゆずっていますが、プラスチックにはない深い味わいがあります。



 民藝運動の始祖、柳宗悦でなくても、生活民具の「用の美」に感動したわたしは籠を1個買ってしまました。中国製の竹籠ならはるかに安価ですが、郷土の生活民具は堅牢です。ただ、竹は区内にすでに良質のものはなく、静岡県から春採りのメダケを取り寄せていらっしゃるそうです。



 竹籠は全国各地でつくられていますが、枠の素材や編み方などその土地ごとに流儀があり、比較していくと民俗学的に面白いです。